リサイクルできるものがある

>

ペットボトルや空き缶をリサイクル

ペットボトルの回収ボックス

夏になると特に、喉が渇くのでペットボトル飲料を買う機会が増えると思います。
ペットボトルは、プラスチックに似ていますが全く異なるものです・
素材が違うと、当然リサイクルの方法も変わります。
ペットボトルはリサイクルできる製品なのに、間違ってプラスチックの回収ボックスに入れると処分されなくなってしまいます。

正しい回収ボックス入れてください。
街中にあるので、飲み終わったらすぐに処分できるでしょう。
ですから回収ボックスに入れることを、面倒に感じないでください。
ペットボトルは、石油が原材料になっています。
石油も限られている資源なので、有効に使わなければいけません。
後世にも資源を残せるように、進んでリサイクルしましょう。

缶の種類を把握しよう

缶をリサイクルする際は、種類に気をつけてください。
良く見るとアルミや、スチールと書かれていると思います。
種類によって分別しなければいけない地域もあるので、間違えないでください。
缶の回収ボックスを見つけたからといって、すぐに捨ててはいけません。
まずは、処分したい缶の種類がどちらなのか調べましょう。

プルタブが蓋になっているタイプの缶が多いですが、付けたままで構いません。
潰して捨てると、コンパクトになるのでおすすめです。
飲み残しが入っている場合は、必ず流してから回収ボックスに入れてください。
そのまま回収ボックスに入れると、臭いが発生したり虫がわいたりします。
ルールを守って、きちんとリサイクルしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る