リサイクルできるものがある

ゴミの出し方にも注意しよう!リサイクル資源の正しい出し方

繰り返して使うことが大切

使い終わった紙でも、まだ使い道が残っています。 回収して機械を通すことで、新しい紙に生まれ変わります。 すると資源である、森林を伐採する必要がなくなりますね。 環境を守るために、リサイクルすることを意識してください。 そのためには、正しく分別することがカギです。

たくさんの書類がある会社

いらない書類を保管し続けていても、作業の邪魔になります。 定期的に整理してください。 書類もきちんと資源ゴミに出さなければいけませんが、数が多いと処分するのが大変でしょう。 不用品回収業者は、書類も引き取ってくれます。 簡単に処分できるので業者に任せましょう。

新しい紙に生まれ変わる

雑誌や新聞紙などは、資源ゴミに該当します。
溜まったら紐で縛って、資源ゴミを回収してくれる日に出し手ください。
紙は燃えるので、燃えるゴミの日に出せば良いと思っている人がいるでしょう。
ですが燃えるゴミの日にまとめて出すと、そのまま処分されます。
せっかくリサイクルできる資源なのに、処分するのはもったいないです。
牛乳パックも再利用できるので、飲み終わったパックは回収ボックスに入れましょう。

会社で使っている書類も、いらないものは捨ててください。
大量にあると、資源ゴミを回収する日に出すのは大変でしょう。
何回も往復しなければいけないので、余計な手間が掛かります。
不用品回収業者に来てもらうと良いですね。
業者が会社まで来て、不要な書類を持って行ってくれます。
書類を指定したら、後はスタッフがトラックに詰め込んでくれるので自分は仕事に集中できます。
大量の書類でも、簡単に処分できます。

ペットボトルも、回収されて新しい製品に生まれ変わります。
再利用することで、資源の無駄遣いを減らせるので環境に優しいです。
よくペットボトルのドリンクを買って、飲み人がいるでしょう。
飲み終わったら必ず、専用の回収ボックスに入れてください。
公園や駅など、街中にもあります。
ですから飲み終わったらすぐに処分できるはずです。
缶もリサイクルできますが、アルミ缶やスチール缶というように種類がわかれます。
本体に種類が記載されているので、確認してから分別しましょう。

ペットボトルや空き缶をリサイクル

飲み物が入っている空き缶なども、リサイクルできるものです。 ですから街中には、細かく分別された回収ボックスが設置されてあります。 絶対に、その辺に捨てることはしないでください。 きちんと専用の回収ボックスに入れて、リサイクル活動に貢献してください。

TOPへ戻る